記念日

祝 開院20周年の食事会と称した宴会

Cimg0167高桑内科クリニックは、平成2451日で開院20周年を迎え、記念すべき節目の年となりました。という訳で、630()に精進料理「角正」にて記念式並びに食事会と称した宴会が執り行われました。風情のあるお庭が見えるお座敷で、はじめは高桑院長からこの20年間のいろいろな想いなどをお話ししていただきました。「患者のために!」という信念のもと頑張ってみえた院長がいて、そしてそれを支えるスタッフがいる。それが現在の高桑内科クリニックに至っていることをあらためて感じました。引き続き勤続1520年の表彰があり、院長より記念の金一封が贈呈されました。(うらやましぃ~、いくらもらったのぉ~と外野はざわざわ・・

 やがて宴会がスタートしました。高山でも名店と呼ばれる「角正」の料理をとてもおいしくいただきました。お祝いの席ということで、それはそれは大きな鯛が運ばれてきました。これには院長ご夫妻もビックリ!。4時間もかけてじっくり焼かれたそうです。Cimg0202

 宴の最中は、皆がそれぞれにこの20年を語りあい(本当け!)、夜が更けるまで楽しいひと時を過ごすことができました。開院当初は外来・透析室スタッフあわせて8名からのスタートだったそうですが現在は総勢32名の大所帯。これからもスタッフ一同初心に戻り頑張っていきましょー。

 尚、今回20周年のお祝いに、患者会をはじめ、関係者の方々からキレイなお花をたくさん頂戴しました。どうもありがとうございました。クリニックの玄関に飾ってありますので皆さん見に来てください。

                           透析室 きな粉飴

☆開院20周年☆

P1010941syou_2 201251日、高桑内科クリニック開院20周年を迎えることができました。

開院当初はDr1名、Ns常勤3名、パート2名、ME1名、事務2名でした。現在はNs常勤18名 パート3名、ME3名、事務6名、ヘルパー2名と開院当時の4倍に増員されましたが、Drは相変わらず1名です。年齢は確実に20歳加算されましたが、テニスとスキーで鍛えた自慢P1010937syou_5の大腿四頭筋・大腿二頭筋・腓腹筋・前脛骨筋は益々健在です。院長には極秘で準備されていた開院20周年セレモニーではスタッフ皆の拍手に包まれ、しみじみと20年という時の流れを味わっておられました。

「院長、開院20周年 本当におめでとうございます

 

 

                     スタッフ一同