音楽

つなごう“いのち”のネットワークコンサートに行ってきました。

 平成2373日高山市の飛騨・世界生活文化センターにて、いのちのネットワークコンサートが開催されました。サブタイトルは「つなぐ命の大切さを知って移植医療についてみんなで考えよう!」です。

弟一部は「凛」&児島由紀さん(ピアニスト)NORiKOさん(フルート)コンサートでした。マリンバとピアノ演奏で、全国各地でチャリティコンサートを開催している「凛」、そして献腎移植を受けられた児島由紀さんのピアノ&NORiKOさんのフルートによる演奏です。「凛」の音楽はグループ名通り、きりりとして勇ましく、そして音がよく響き、切なくなったり、楽しくなったりしてとても心が癒されました。どの曲も心地よく心に浸み込んできた演奏でした。一方、児島由紀&NORIKOさんのピアノとフルートの演奏は、児島さんは過去に献腎移植を受けられた経験から、受け継いだ命を次につなげようとする強い気持ちを感じました。NORIKOさんのフルートは、さすがマルチフルーティストとして活躍されているだけに、フルートを変幻自在に演奏されて圧倒されてしまいました。

20110703161456 弟二部は高山西高校ウィンドアンサンブル部&高山少年少女合唱団のコンサートでした。高山市に住んでいてもなかなか聴く機会が無かったので、全国的にも活躍している吹奏楽部の演奏はとても楽しみにしていました。彼らの素直な心の演奏や一生懸命に合唱をしている子供たちの姿をみて、ひとりの人間として命の大切さをつないで行く気持ちを一人でも多くの人に伝えていこうと考えさせてもらいました。

弟三部は出演者全員のコラボレーションコンサートを楽しみました(写真)。そして手話を交えた合唱では会場全員が一つとなり、目的の「生とは何か」「死とは何か」を参加者全員が再確認できました。

いのちのネットワークコンサートの参加は、つなぐ命の大切さを感じさせてもらい、とても有意義で素敵な一日となりました。

                       透析室  SHIZUKA